カロリー制限で骨密度が低下

9V9A6128_TP_V

こんにちは。

 

最近は糖質制限が主流ですが、

カロリー制限もダイエットの施策として考えられています。

摂取カロリー<消費カロリーにすれば

脂肪が落ちていくのでカロリーを計算して

体重を落としていけます。

 

しかし、カロリー制限は骨に悪影響を及ぼす可能性を指摘されています。

 

ある研究で200人以上の人を無作為にカロリー制限するグループとしないグループに分けます。

どちらも、通常の体重や、少し肥満程度の体重の方です。

 

カロリー制限をするグループは200~280キロカロリー減少させます。

 

2年後には、平均7.5キロの減量、5.3%の体脂肪率のダウンという結果が出ました。

 

数字はとても良さそうですが、

除脂肪体重の減少もみられたようです。

 

除脂肪体重が落ちているという事は

筋肉や骨も削られたと考えられます。

 

また、骨密度も低下して骨がもろくなってしまいました。

 

この結果をみればカロリー制限は行わない方がいいでしょう。

 

 

 

週1回30分だけなので無理なく継続できるのが加圧トレーニング!!

しかも低負荷なので運動が苦手な方でも大丈夫です。

トレーニング後に有酸素運動を組み合わせるとより効果的‼

初めての方には体験コース(40~60分程度)がおススメです。

まずは、お気軽にお電話ください。

090-9127-4293

 

※トレーニング中などで、電話に出られない場合があります。

その際は、折り返しご連絡致します。

 

  一覧へ戻る