下っ腹にはドローイン

IMG_1931

今日は。

今日は暑い一日でした。

トレーニングすると汗がだいぶ出るようになりました。

 

今回は下っ腹対策です。

 

下っ腹がポッコリしてしまう原因は

 

脂肪が付いてしまっている。

 

もしくは、

 

内臓下垂です。

 

脂肪が付いている場合は

摂取カロリーよりも消費カロリーを上げるしかありません。

食事コントロールと運動を頑張ります。

 

対して、

内臓下垂の場合は、

早食いや大食いを辞める事。

早食いや大食いは

消化に時間が掛かってしまうので

結果、

胃が重くなって下がってしまいます。

 

もう一つは、

腹横筋を中心としたお腹周りの

インナーマッスルを鍛える事です。

 

腹横筋などのインナーマッスルも

筋肉ですから

衰えていきます。

すると、

内臓を正しい位置に支えられなくなります。

 

その結果、

内臓が下がって

下っ腹ポッコリにつながります。

 

このインナーマッスルを鍛える

一番よい方法が

ドローインです。

 

簡単に言えば

お腹を凹ませるだけです。

 

このドローインは内臓を

正しい位置に支えてくれます。

 

ドローインは

ウエストを細くしてくれます。

さらに

代謝も上がります。

 

是非やってみてください。

 

 

 

 

 

 

  一覧へ戻る