夕食は眠る4時間前までに

img_1641

こんにちは。

 

W杯の為、若干の寝不足ですが

とても面白い試合だったので頑張って起きた甲斐がありました。

 

さて、今回は夕食のお話です。

夜の食事が一番太る原因というのは多くの方がご存じだと思います。

 

では、なぜ夜の食事が太るのでしょうか。

食べたエネルギーがそのまま消費されずに体にため込まれるからです。

また、消化吸収には4時間程かかります。

しっかりと消化吸収される前に寝てしまうと

消化不良を起こし、翌朝の胃の調子が悪くなります。

 

健康的に翌日の体の調子を整えるなら、寝る4時間前までに夕食を終えましょう。

また、夜の糖質がエネルギーを体に残してしまうので

夕食では、焼き鳥、刺身、冷ややっこ、枝豆、ナッツなど

タンパク質を中心に食べるといいです。

 

お酒も、ビールや日本酒は糖質が多いので

1杯程度にして、ワインやウィスキーなど

糖質を抑えたものがいいです。

 

野菜も栄養面では摂取したい所ですが、

根菜類(特にイモ類)は糖質が多めなので

葉野菜がお勧めです。

 

極端に食事量を減らすよりは、

夕食を少し見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

週1回30分だけの加圧トレーニング

有酸素運動を組み合わせるとより効果的です。

初めての方には体験コースがお勧めです。

お気軽にお電話ください。

090-9127-4293

※トレーニング中などで、電話に出られない場合があります。

その際は、折り返しご連絡致します。

 

 

 

 

 

 

 

  一覧へ戻る