寝酒は危ない習慣

PP_bear_TP_V4

こんにちは。

 

今日もいい天気ですが、

月末になりかなり寒いですね。

 

さて、今回は寝酒についてです。

寒くなると体が温まるお酒を飲む方も多いでしょう。

しかし、寝酒は体によくないです。

お酒によって体が温まり、その後体温が下がる時に

脳の緊張がほぐれて寝つきがよくなります。

 

しかし、お酒を飲むと眠りが浅くなります。

少しの事で目が覚めてしまうので、疲れが取れません。

さらに、トイレも近くなるのでさらに疲れが取れません。

 

この習慣が良くないのは、徐々にお酒の量が増えていく事です。

脳がアルコールになれてしまうのでお酒がないと眠れなくなってしまいます。

 

出来ればお酒ではなくお風呂で体をコントロールするといいです。

シャワーではなく湯船につかる事で体温が一度上がります。

そこから徐々に体温が下がっていく事で眠りに付きやすくなります。

 

睡眠は体を作る上で欠かせません。

寝ている間に体は修復され、筋肉を作り、美を作ります。

疲れが取れない事で様々な悪循環に陥ってしまいます。

 

寝つきが良くなる事で寝起きも良くなります。

よく言われます、眠る前のPCやスマホも眠れなくなるので要注意ですね。

 

 

週1回30分だけの加圧トレーニング!!

有酸素運動を組み合わせるとより効果的です。

初めての方には体験コース(40~60分程度)がおススメです。

まずは、お気軽にお電話ください。

090-9127-4293

※トレーニング中などで、電話に出られない場合があります。

その際は、折り返しご連絡致します。

 

 

  一覧へ戻る