体に必要な水分量

IMG_1681

人間の体はほとんど水分で出来ています。

どれぐらいかと言うと、

胎児では体重の約90%、

新生児で約75%、

子供で約70%、

成人で約60~65%、

老人で約50~55%が目安です。

 

勿論、性別や年齢などにより

違いはあります。

 

例えば、

60㎏の男性の場合は、

約36ℓの水分を保有している訳です。

2ℓのペットボトル18本分ですね。

 

水分が足りなくなると

血液の流れが悪くなります。

すると、

栄養不足、酸素不足、代謝も落ち、

老廃物が回収されず、

コリや痛み、

さらには、

動脈硬化などの大きな病気にも繋がってしまいます。

 

では、

一日にどれぐらいの水分補給が必要なのでしょうか。

 

一日、1.5~2ℓが目安になります。

 

人間は、

呼吸だけで1日300~400㏄

汗以外での皮膚からの蒸発で1日300~400㏄

排泄で1.5ℓ

計2ℓ近くの水分を失います。

 

食事での水分補給は800~1000㏄程度です。

 

毎日の事ですので、

仮に1日100㏄足りない生活でも

積み重なれば、10日で1ℓ不足します。

一ヶ月で3ℓです。

 

余裕を持って

1.5~2ℓ摂取をした方が良いと思います。

 

但し、

お茶、コーヒー、アルコールは水分補給にカウントできません。

 

これらは、利尿作用で摂取した以上に排泄で体外に出てしまうからです。

お水や湯冷ましで摂取が大事です。

 

食品添加物の複合摂取

IMG_1668

現代の食品には

何かしらの添加物が入っているのが

当たり前になっています。

 

この添加物ですが、

毒性が危険だとされています。

その為、

厚生労働省がテストを行って

認可をしています。

 

ある基準をクリアした物のみが

世に出回るわけです。

 

だから安全・・・・

 

ではないのです。

 

なぜなら、

添加物のテストは単品摂取がほとんどで

複合摂取については十分ではないのです。

 

ある添加物Aと別の添加物B、

それぞれを単品で摂取して基準をクリアしたので

OKとなり、

ABを複合摂取した場合は研究不足なのです。

 

添加物の複合摂取の問題は

不明確だという事実を

まずは、

知る事が大事だと思います。

 

甘いものとお肌

IMG_1602

甘いものはお肌によくないといいます。

何故でしょうか。

 

甘いものに含まれる

糖質が血糖値を急上昇させます。

 

血糖値が急上昇すると

コラーゲンに糖が結合する

糖化が起こります。

 

糖化によりコラーゲンは

弾力を失い、しわやたるみに繋がるのです。

 

甘いものを食べる時は

血糖値が急上昇しないように気を付けてください。

 

対策としては、

一度に沢山食べない事、

満腹にならないように食べる事

(デザートを食べても腹8分目程度に)

が大事です。

 

 

コーヒーフレッシュの中身

IMG_1651

コーヒーフレッシュの中身は何でしょうか?

 

牛乳、生クリームなどが思い当たりそうですが、

実は、ミルクは入っていません。

 

コーヒーフレッシュは、

植物油と水に

添加物を足して

白く濁らせているのです。

 

 

表記も、牛乳とは記載されず

コーヒー用クリーム、コーヒーフレッシュと

記載されています。

 

牛乳を使わないから、

低価格で作る事が出来ます。

 

いつもコーヒーに入れる

『ミルク』は

『ミルク風油』となります。

 

ファミレスなどで、

山積みになっている

コーヒーフレッシュは

安いからこそ

使い放題なんです。

 

体の事を考えると使用を考えるべきだと思います。

 

甘いものへの置き換えダイエット?

IMG_1646

甘いものが好きな方は多いです。

糖質依存症なんて言葉があったり、

コンビニやスーパーでも

甘いものは沢山あります。

 

ダイエットをしている身には

甘いものを食べると

後で後悔や罪悪感を感じる事があります。

 

すると、

『一食食べないから、ケーキだけ食べよう』

『カロリーはケーキだけの方が少ないからいいでしょう』

と思ってしまいがちです。

 

しかし、

この置き換えは体にどんな影響を与えるでしょうか。

 

まず、栄養不足になります。

次に、エネルギー不足で筋肉が減ります。

さらに、糖質のみの食事で吸収がよく脂肪が付きます。

野菜不足で、ジャンクフード(栄養が無い食事)

となれば、代謝が下がります。

 

糖質依存度が高まり、この状況から抜け出せなくなります。

 

以上を踏まえると、

甘いものだけを食べる食事は

長い期間で考えると

太ると思います。

 

甘いものを辞める方法として

食事をきちんと摂取する(8分目ぐらいまで)

すると、甘いもを食べると満腹になり

体がだるくなります。

 

お腹は減っていないので

甘いものが無くても大丈夫になると思います。

それでも食べてしまう場合もありますが、

試してみる価値はあると思います。