甘いものOK?

IMG_1916

こんにちは。

 

ダイエットの敵と言えば

やはり甘いものですね。

 

せっかくトレーニングしたのに

甘いものを食べてしまったら意味がない。

と言われてきましたが、

 

実は、

甘いものOKな場合があるんです。

 

それは、

 

トレーニングを頑張った後、

30分以内です。

 

理由は、

筋肉量が増えるからです。

 

詳しく説明します。

 

筋トレ後にタンパク質を摂取すると筋肉が作られやすいです。

これは皆さん知っていると思います。

 

ここで、

タンパク質だけを摂取するよりも

糖質とタンパク質を一緒に摂取した方が

筋肉へのタンパク質の取り込みが効果的なんです。

 

糖質を摂取すると血糖値が上がり

インスリンというホルモンが分泌されます。

このインスリンは貯蔵ホルモンなので

体への吸収を良くしてくれます。

 

ですから、

インスリンが出る事によって

通常よりも筋肉へのタンパク質の取り込みが

多くなり

より効率よく筋力アップに繋がるのです。

 

例としては、

 

あんぱんがおすすめです。

小豆はタンパク質、

パンが糖質で

よい組み合わせです。

 

牛乳もタンパク質があるので

OKです。

 

但し、

生クリーム系はNGです。

なぜなら、

脂肪が多いので

 

糖質+脂質で脂肪の取り込みが

良くなってしまいます。

 

甘いものがやめられない方は、

和菓子系をトレーニング後に取るといいです。

 

また、

プロテインに砂糖を足すのもありです。

小さじ1杯で十分です。

 

糖質は疲労回復にも効果的ですから、

トレーニング後30分以内に

タンパク質と糖質を摂取するのは

効率的にお勧めです。

 

 

当然ですが、

糖質の取り過ぎに注意してください。

いくら甘いものOKでも、

取りすぎれば太ります。

我慢出来れば

あんぱんやどら焼きなども

半分にして

牛乳を1杯で十分です。

 

また、

甘いものを摂取する習慣がない方は

無理に甘いものをとる必要はありません。

 

糖質は甘いものでなくて構いません。

ご飯でも大丈夫です。

 

 

自分に合った考え方で

取り入れてみてください。

 

血が足りないと老化が進む

IMG_1917

こんにちは。

血行改善という言葉がありますが。

 

血行改善には、

そもそも血液量が十分である事が

前提となります。

 

なぜなら、

血液量が少なければ

流れはよくなりません。

 

当然ですが、

血流が悪ければ

栄養もしっかり

届けられなくなってしまいます。

 

すると、

カサカサ肌になったり

シワが増えたりと

美容面でもマイナスです。

 

健康だけでなく

体の若々しさの為にも

血行改善は必須です。

 

原理原則に立ち返る

IMG_1920

こんにちは。

ダイエットをしているけど

中々効果が出ないという方は多いです。

 

筋トレをしている方は、

筋肉は付いてきたけど

脂肪が落ちない

なんて方もいらっしゃいます。

 

そこで

原理原則に立ち返ります。

脂肪は

摂取カロリーと消費カロリーの差です。

 

摂取<消費 なら脂肪は落ちます。

摂取>消費 なら脂肪は増えます。

ここ1ヵ月ほどを振り返ってみてください。

 

間に入る記号は何でしょうか。

摂取=消費なら、あと少し頑張れば

脂肪が落ち始めます。

摂取>消費ならどこかに問題ありです。

摂取<消費ならこの調子を崩さないように

無理なく進めていけばOK。

と現状が分かります。

 

イマイチ効果が出ない時は

原理原則に立ち返ってみてください。

 

タンパク質と血液。加圧で血行改善

IMG_1915

こんにちは。

GWも近づき

今日も暖かな一日になりました。

トレーニングに来られる方も

半袖の方が増えてきました。

 

すぐに夏に突入ですね。

暑い毎日になると

食生活にも変化が出てきます。

 

特に麺類が美味しい季節になりますが、

ここで注意点が一つ。

 

タンパク質をしっかり摂取してください。

 

タンパク質を抜いた食事では

単純に太りやすいからですが、

 

今回は少し違った観点からのお話です。

 

タンパク質は血液の材料だからです。

 

血液=鉄分のイメージは強いですが

タンパク質も重要な材料となります。

 

血液は人間の持つ

約60兆個の細胞に酸素と栄養を

送り続けてくれます。

 

同時に体の老廃物を回収してくれます。

 

体温を維持して代謝を上げてくれます。

 

免疫力を上げて病気になりにくくしてくれます。

 

 

人間にとって健康の柱みたいな存在が血液です。

 

適度な運動ももちろん大事ですが、

それ以上に食生活でタンパク質が不足すると

上記の機能が下がってしまいます。

 

血液の量を増やすだけで健康に近づけますよ。

 

加圧トレーニングは血流制限して

効率よくトレーニングが出来る方法ですが、

実は、

加圧と除圧を繰り替えすだけでも

血管が丈夫になり

血液量が増え

血行が良くなります。

 

じっと座っているだけでも

血行がよくなります。

 

これってすごい事ですよね。

 

もちろん筋トレをすれば

もっと効果は上がります。

 

肩こりや腰痛、

冷え性や低体温の方にも

効果的です。

 

健康の柱である血行を良くしてみませんか。

 

 

味覚と満腹中枢の見直しを

IMG_1909

こんにちは。

今回は味覚についてです。

 

味覚はコントロール出来ます。

 

濃い目の味付けは

それだけ太りやすいです。

ソースやドレッシングなど

掛ける量も自然と増えます。

 

しかし、

毎日食べているとそれが当たり前になってきます。

 

特に、

外食やコンビニ食が多い方は

味覚が濃い目になっている可能性高いです。

 

きちんとした味覚であれば、

外食は、

味が濃い

と感じる事が多いはずです。

 

同じように、

満腹中枢もコントロール出来ます。

腹8分目とよく言いますが、

 

どちらも

習慣化出来れば

同じものを食べていても

太りにくくなります。

 

毎日の事なので

このコントロールは

とても大事です。

 

健康の為にも

味覚と満腹中枢の見直しをしてみてください。