血流と睡眠の関係

IMG_1818

こんにちは。

 

今回は血流と睡眠の関係です。

 

体を作り直していくには

 

運動・栄養・休養の

3ステップが重要です。

 

 

せっかく頑張った運動の効果を

より活かすには

栄養と休養が大事です。

 

特に休養に含まれる

睡眠は欠かせません。

 

また、

美は夜に作られます。

 

しかし、

せっかく睡眠時間を確保しても

熟睡出来なければ

効果は薄いです。

 

寝つきが悪かったり

熟睡できないのは

血流が悪いからかもしれません。

 

ひとつの特徴として

血流が悪い人は

たくさん夢を見ます。

 

眠りが浅い時ほど

夢を見ませんか?

 

熟睡できないと

 

脳のデトックスが出来ません。

脳にも疲れは溜まります。

老廃物を掃除するのも

血流です。

 

体の疲れを取るためにも

筋肉を作る為にも

美を作る為にも

睡眠は大事です。

 

 

熟睡できる為にも

まずは血行改善が大事です。

 

静脈の流れを良くして、血行改善

IMG_1924

こんにちは。

春になり

新規に入会される方も増えてきました。

 

運動するにはちょうどいい気温なので

始めやすい季節ですね。

 

今回は、

脚がむくみやすい方には

お勧めの話です。

 

 

下半身が太くなる原因に

むくみがあります。

脚に血液が溜まっている状態ですね。

 

通常、

活動を始めるのは

朝からなので

夕方近くになると

より脚がむくみやすくなります。

 

脚がむくむと

疲れを感じやすいです。

 

それは、

血流が悪くなっているので

血液、酸素、栄養を脚に送れず、

疲労物質を回収できないからです。

 

ここで、

動脈と静脈に注目します。

 

動脈は血液を流す方ですから、

重力に逆らわないで

簡単に脚に流せます。

血管も丈夫で弾力性もあります。

 

しかし、

静脈は脚から心臓に戻す為、

重力に逆らうので流れ悪いです。

血管は薄く柔らかく

「弁」が付いています。

これは

逆流を防ぐためです。

そして、

この弁は

血液が流れている時は開き

流れていない時は閉まってしまいます。

 

ですから、

静脈の流れを良くする事が

血行改善に繋がります。

 

では、

静脈の流れを良くするにはどうすればいいでしょうか。

 

それは、

第二の心臓と呼ばれる

ふくらはぎ

の筋力アップです。

 

簡単なのは、

歩く事。

そして

かかと上げです。

 

 

一日の中で

立ちっぱなし、

座りっぱなしなど

ずっと同じ姿勢を取っていると

ふくらはぎの筋肉が動かず

血流が悪くなります。

ひどいとエコノミークラス症候群ですね。

 

静脈の弁は

血流が悪い状態が続くと

壊れてしまう事があります。

そして、

一度壊れた弁は治らないのです。

 

下半身の血流が悪くなると

上半身でも血液不足は起こります。

 

結果、

脚がむくみ

肩こりや頭痛なども

引き起こされます。

 

ふくらはぎを動かす習慣を身に付けるべきです。

対策は簡単。

歩く事。

ダイエットには1日8000歩が目安ですが、

出来るだけ歩くようにしてください。

 

もしくはかかと上げ。

これならその場で出来ます。

当スタジオでも

かかと上げは必須で

すべての方のメニューに組み込んでいます。

 

 

血行が改善されるだけで治る病気は沢山あります。

いつまでも健康でいられるように

静脈を意識して生活してみてください。

 

 

 

 

 

 

下っ腹にはドローイン

IMG_1931

今日は。

今日は暑い一日でした。

トレーニングすると汗がだいぶ出るようになりました。

 

今回は下っ腹対策です。

 

下っ腹がポッコリしてしまう原因は

 

脂肪が付いてしまっている。

 

もしくは、

 

内臓下垂です。

 

脂肪が付いている場合は

摂取カロリーよりも消費カロリーを上げるしかありません。

食事コントロールと運動を頑張ります。

 

対して、

内臓下垂の場合は、

早食いや大食いを辞める事。

早食いや大食いは

消化に時間が掛かってしまうので

結果、

胃が重くなって下がってしまいます。

 

もう一つは、

腹横筋を中心としたお腹周りの

インナーマッスルを鍛える事です。

 

腹横筋などのインナーマッスルも

筋肉ですから

衰えていきます。

すると、

内臓を正しい位置に支えられなくなります。

 

その結果、

内臓が下がって

下っ腹ポッコリにつながります。

 

このインナーマッスルを鍛える

一番よい方法が

ドローインです。

 

簡単に言えば

お腹を凹ませるだけです。

 

このドローインは内臓を

正しい位置に支えてくれます。

 

ドローインは

ウエストを細くしてくれます。

さらに

代謝も上がります。

 

是非やってみてください。

 

 

 

 

 

 

お通じを良くするには

IMG_1930

こんにちは。

GWも終わって

だいぶ体を動かしやすい季節になりました。

 

夏に向けてトレーニング始めてみませんか?

 

さて、

今回は、

お通じについてです。

 

特に女性の方に

多いと思いますが、

毎日の排泄がないと

気分もすぐれないですね。

 

体の中に不要なものが残っているので

体重も増えてしまいます。

お通じが良くなるだけで

体重も落ちて

見た目も変わると思います。

 

お通じが悪い場合の対策ですが、

まずは、

食物繊維を増やす事です。

野菜不足の方は

一番簡単な対策ですね。

 

ヨーグルトなどもいいですが、

実は、

お米にもたくさん食物繊維が多いので

お勧めです。

 

次の対策は

生活習慣の改善です。

排泄は毎日のリズムが大事です。

毎日起きる時間を合わせると

リズムが作られて

習慣的に排泄が出来るようになります。

 

最後に、

寝る時に

胃の中に食べ物が残らないようにしてください。

寝る時に胃の中の食べ物がなくなると

睡眠中に掃除をしてくれます。

同時に胃も休憩出来ます。

胃の掃除が出来ると排泄物が作られるので

朝にお通じがあるのです。

 

胃の中の掃除が出来ないと

ゴミが残ってしまいます。

胃の中は37度ほどあるので

どんどん腐敗していくので

胃腸は疲れて消化不良を起こします。

 

対策としては

良く言われますが、

寝る直前に食べない事です。

 

出来れば

寝る1時間半ぐらいは空けて寝るといいです。

また、

夕飯を満腹感を感じるまで食べない事です。

ダイエットの為にも

夜の食事が一番太るので

腹8分目ぐらいで抑えるといいです。

 

お通じはサイクルが大事です。

健康の為にもダイエットの為にも

まずは

お通じの改善からしてみてください。