LT値とは

IMG_1881

LT値という言葉があります。

 

あまり聞きなれませんが、

ランニングなどで

速度を上げていくと

 

どこかのラインで

筋肉に乳酸が溜まり始めます。

 

このラインをLT値といいます。

 

乳酸が溜まり始めるので

無酸素運動に近いトレーニングになってしまいます。

 

すると、

長く続けられないトレーニングになり

脂肪燃焼ではなく

糖を使った運動になり

脂肪燃焼効果は下がります。

 

ですから、

LT値を超えないが

出来るだけ

LT値に近い運動が

一番良いです。

 

目安は、

息が弾むが会話は出来る

「ややきつい」

ラインです。

 

慣れて来たら

チャレンジしてみてください。

 

  一覧へ戻る