ランニング中間結果

IMG_2816

こんにちは。

 

今日も日中は暖かくポカポカ陽気ですね。

トレーニングをしていると暑いぐらいです。

 

 

今月のランニング中間結果です。

今月は調子よく現在110キロをクリアしました。

年1200キロクリアまで、残り140キロです。

 まだ本格的な寒さにはなっていないので、

今月中にできるだけ走って、年末はゆっくりできるように

頑張りたいと思います。

 

この時期は、トレーニング後に体を冷やして

体調を崩しやすいので十分注意しています。

 

体調を崩さないで、健康状態を維持出来ている事が

一番代謝を下げない事につながります。

 

体調を崩して、食事が減って体重が落ちても

すぐにリバウンドします。

それよりも、きちんと食べて、しっかり寝る事で

体調を管理する事が一番大切です。

 

その上で、適度な運動習慣を身に付ければ免疫力も上がり

体調を崩さなくなるでしょう。

 

 

週1回30分だけの加圧トレーニング!!

有酸素運動を組み合わせるとより効果的です。

初めての方には体験コース(40~60分程度)がおススメです。

まずは、お気軽にお電話ください。

090-9127-4293

※トレーニング中などで、電話に出られない場合があります。

その際は、折り返しご連絡致します。

 

 

 

トレーニングの最初の目的は継続させる事

 IMG_2812

こんにちは。

 

今日は少し寒いですね。

それでも、トレーニングをされるお客さんの汗のではいいです。

加圧トレーニングは血行が良くなるので

継続していく事で体温も上がり

冷え性やむくみ改善にも効果的です。

 

 

さて、今回はトレーニングを継続させる為の考え方のお話です。

トレーニングの目的にダイエットを考えている方は少なくないと思います。

そして、トレーニング習慣がない人は特にそうですが、

ダイエットの為にと運動を始めても思うように効果が出る方は少ないでしょう。

それぐらい体を変えていく事は大変です。

 

ですから、まずはどんなに負荷が少なくてもいいので継続する事を目的にします。

僕がランニング習慣を身に付けた時にお話をします。

 

当初は、ダイエットが目的でした。

運動効果がでどれぐらい体が変わるかも知らなかったので

『毎日30分走れば1ヵ月で2キロぐらい脂肪が減るでしょう』と思っていました。

 

ですが、結果は思っているようには変化しませんでしたし

毎日30分のランニングが継続出来ませんでした。

 

そこで考えたのが、

①もう少し負荷を上げないと、思うように体は変わらない

②でも、いきなり負荷を上げるのはキツイ

③とりあえず、もう少し負荷を上げたランニングを行えるだけの体力を付けよう

④まずは、今出来る負荷で継続させる

 

こんな流れで、トレーニングの目的を継続させる事に設定しました。

 

これは筋トレでも同じです。

いきなり効果を求めるよりも、まずは継続できる体力と気力を身に付ける所から

スタートしないといけないという事です。

 

そうでないと、今のトレーニングで効果が出ないから次のトレーニングへと

どんどん変えてしまって、結局効果が出ません。

特に、加圧トレーニングは今あるトレーニングの中で

最も継続しやすく、効果が高いトレーニングです。

加圧トレーニングで効果が出ない方は、

もっと時間と負荷を増やしたトレーニングをしないと効果が出ないという事です。

 

いきなり体の変化を求めるのではなく、まずは継続する事を目的に設定すると

運動習慣は身に付きやすいでしょう。

 

 

 

 

 

週1回30分だけの加圧トレーニング!!

有酸素運動を組み合わせるとより効果的です。

初めての方には体験コース(40~60分程度)がおススメです。

まずは、お気軽にお電話ください。

090-9127-4293

※トレーニング中などで、電話に出られない場合があります。

その際は、折り返しご連絡致します。

離脱が少ない加圧トレーニング

IMG_2811

こんにちは。

 

今日もポカポカの一日ですね。

 

さて、今回はトレーニングの離脱のお話です。

どんなトレーニングも継続こそが大事になります。

しかし、その継続こそがとても難しいです。

 

大手のスポーツジムはお客さんの数が圧倒的に多いですが、

その分離脱も多いと思います。

 

入会後も半年以上継続出来ている方は、3割程度というお話を聞いた事があります。

特に、初めの3ヵ月で離脱してしまう人が多いようです。

初めはモチベーション高くスタートしても徐々にモチベーションは下がってしまいます。

 

ですが、加圧トレーニングは離脱が少ないと思います。

3ヵ月以内で離脱される方は少数です。

ほとんどの方が気が付けば3ヵ月、半年と継続出来ています。

3ヵ月以内で継続される方はほとんどが予定通りに来れない方です。

 

加圧トレーニングの優先順位がその人の中で高く設定している人は

予約の変更をしてでも、その週に来られます。

すると、トレーニング習慣が身に付いていきます。

 

大手のスポーツジムは、いつでもトレーニングに行ける事がメリットであり、

デメリットでもあると思います。

『いつでも行ける』は、『今日行かなくてもいい』となってしまいます。

 

運動習慣を身に付けるべきだと思ってはいるけど、なかなか踏み出せない方には

加圧トレーニングがおすすめです。

加圧をきっかけに運動習慣を身に付けて運動量や質を徐々に上げていけます。

 

 

週1回30分だけの加圧トレーニング!!

有酸素運動を組み合わせるとより効果的です。

初めての方には体験コース(40~60分程度)がおススメです。

まずは、お気軽にお電話ください。

090-9127-4293

※トレーニング中などで、電話に出られない場合があります。

その際は、折り返しご連絡致します。

 

 

 

 

 

加圧トレーニングのベルトは腕・脚両方に巻くのか

こんにちは。

 

今日は暖かいですね。

ポカポカして気持ちのいい日です。

 

午前中はがん検診に行ってバリウムを飲んできました。

特に問題はなさそうで良かったです。

 

IMG_2810

 

さて、今回は加圧トレーニングのベルトについてです。

加圧トレーニングを名前ぐらいしか知らない方の中には、

『専用のベルトを両腕と両脚に巻いて、30分ぐらい何かをする」

そんなイメージをお持ちの方も多いと思います。

 

実際は、

ベルトは腕と脚と別々に巻いてトレーニングします。

当スタジオでは、両腕にベルトを巻いて

準備運動から上半身のトレーニング終了までで

約10分程度です。

その後、両腕のベルトを外してから両脚にベルトを巻いて

こちらも準備運動から下半身のトレーニングで10分程です。

 

加圧ベルトを両腕・両脚に巻く事は禁止はされてはいないです。

ですから、両腕・両脚にベルトを巻いてトレーニングを行っている

スタジオはあるのかも知れませんが、

安全面を考えるとお勧めは出来ません。

加圧トレーニング本部も推奨はしていませんので。

 

腕・脚とそれぞれ10分程度ですので、

そこだけ集中してトレーニングを頑張れば

腕も脚もしっかりと疲労させる事ができます。

 

短時間だからこそできる事です。

 

週1回30分だけの加圧トレーニング!!

有酸素運動を組み合わせるとより効果的です。

初めての方には体験コース(40~60分程度)がおススメです。

まずは、お気軽にお電話ください。

090-9127-4293

※トレーニング中などで、電話に出られない場合があります。

その際は、折り返しご連絡致します。

 

 

坂道を歩く

IMG_2745

こんにちは。

 

坂道が多い街で暮らしている人は

長寿が多いといいます。

 

適度な坂道は適度な有酸素運動になるので心肺機能のトレーニングに

つながります。

また、平地では使わない筋肉を使うので足腰のトレーニングにも

つながります。

 

筋肉は下半身から落ちていきます。

いつまでも自分の足で歩けるという事は

人生を豊かにしてくれます。

 

ですから、坂道や階段を普段から活用していきましょう。

当スタジオに来られている方の言葉に、

『将来の事を考えた時に、動けるうちにトレーニングを始めないと

年をとってからでは始められない』

とおっしゃっていました。

 

その通りだと思います。

 

体が元気に動けるうちに歩く、階段を使う、トレーニングをするという事を

始めるべきでしょう。

体がしんどいと感じてからでは、余計大変です。

 

また、坂道が多い地域の長寿の方は

激しい運動をしないそうです。

特に、しなくても健康状態を維持出来ているという事ですね。

 

コンクリートの道を長時間走るマラソンは、

足の裏が地面に着地する際に血液中の赤血球を潰してしまうとも言われています。

すると、貧血になってしまいます。

 

目的が健康維持であれば激しい運動や長時間の運動をしなくても

坂道や階段を意識して使うようにするといいでしょう。

 

 

週1回30分だけの加圧トレーニング!!

有酸素運動を組み合わせるとより効果的です。

初めての方には体験コース(40~60分程度)がおススメです。

まずは、お気軽にお電話ください。

090-9127-4293

※トレーニング中などで、電話に出られない場合があります。

その際は、折り返しご連絡致します。