岡崎市の加圧パーソナルトレーニングジム『カラダデザイン岡崎』TRX

電話番号000-000-0000
メニュー

ブログ

2020/07/17

トレーニング効果を上げる5つの原則。加圧パーソナルなので、しっかりサポート致します。

こんにちは。

今日も雨ですね。

例年に比べると冷夏なので過ごしやすくて助かりますが、

雨続きだと体の調子がイマイチというお客さんも少しいらっしゃいます。

でも、加圧トレーニングで30分だけですが体を動かすと

体が軽くなったりと調子が良くなるようです。

激しいトレーニングや長時間でなくても

適度な負荷で短時間だけ体を動かす習慣が身に付くと

体の不調も改善されると思います。

 

自粛期間が続いている影響か、

お2人で来店される方が増えました。

昨日も新たにご家族の方を紹介して頂きました。

 

昨日だけでも3組の方がペアで来られました。

一人よりも二人の方が頑張りやすいですね。

 

そんな自粛期間はまだまだ伸びそうですね。

コロナウィルス感染が愛知県でも2日続けて増加中。

岡崎や豊田でも増えています。

当スタジオはパーソナルトレーニングなので

店内も基本はトレーナーとお客さんの2人だけですが、

気持ちを引き締めて感染症対策はしっかり継続していきます。

 

加圧トレーニングが世の中に出始めたのが2000年の終わり頃です。

すでに20年も廃れないで存在し続けています。

これは一時のブームではないという証拠です。

 

雑誌やネットでも『画期的』『斬新』『○○メソッド』など

魅力的な言葉はたくさん見かけますが、

画期的で斬新なメソッドはそうそうなく一時のブームで終わるので

どんどん新しいメソッドが出てくるのです。

 

対して、加圧トレーニングが20年残っているのは

『継続のしやすさ』が大きいです。

 

仕事でも趣味でも継続する事で理解度が深まり、

修正して、より成果(効果)を上げていく過程で

面白さが感じられて、さらに継続できる好循環に入っていけます。

 

トレーニングも同じです。

まずは、継続して運動習慣を身に付ける事。

そこからがスタートです。

 

加圧トレーニングは無理なく継続できる画期的なトレーニング方法ですが、

継続だけでなく、より効果を上げる為の原則があります。

どれも当たり前ですが、見落としがちなポイントですのでご紹介します。

 

意識性の原則

目的意識を持つ事です。

ダイエット目的なのか、筋肉量を付ける事なのか、持久力を上げたいのか、体の不調を治したいのか

目的によってトレーニングメニューも変わってきます。

 

当スタジオでも30分で終わる全身を鍛えられる基本メニューを用意していますが、

パーソナルトレーニングだからこそ、一人一人の目的によってメニューは変えています。

 

トレーナー側からメニューの提案をする事もありますが、

お客さん側からメニューの要望を貰う事もあります。

 

トレーナー側からすると要望を言ってもらえると助かります。

『ヒップアップしたい』『ふくらはぎは太くしたくない』『このトレーニングの効きが分かりにくい』

『このトレーニングはやりたくない』『腕の筋肉はこれ以上付けたくない』など

細かく教えてくれる方もいらっしゃいます。

こういった細かく教えてくれる方は自分の体がトレーニングによってどう変化しているのかに意識が向いているので

目的意識も高くなり、求める体により近づけます。

 

トレーニングを継続しながら修正して効果を出していく事は

目的意識を持つ癖が身に付くので

仕事の能力アップや日常生活でも人生をコントロールする能力アップにもつながります。

 

また、鍛えている筋肉を意識してトレーニングすると

自然とゆっくりで丁寧なフォームでトレーニングできます。

ゆっくりで丁寧なフォームはトレーニング効果を上げてくれます。

 

全面性の原則

バランスが大事です。

『痩せる為にご飯を食べない』は確かに痩せますが、筋肉と脂肪の両方が落ちるだけで

食事を戻したら代謝が下がっているのですぐにリバウンドしてしまい、意味がありません。

筋肉は増やしつつ、脂肪は落としてとバランスが大事です。

 

筋トレをやりすぎると筋力アップ効果は落ちます。

しっかりと休養する時間も必要です。

これもバランスが大事です。

 

筋トレだけではなく、ストレッチを取り入れる事で

筋肉の柔らかさが出てきます。

怪我をしない為にも、バランスが大事です。

 

体の前面の筋肉だけを鍛えるのではなく

背面も鍛える事でバランスが取れます。

日本人は全面(屈筋)が発達しています。

前面なので目につくから、ベンチプレスはやりやすいからと前面ばかり頑張るのではなく、

背面(伸筋)も鍛えましょう。

目につきませんが、後姿は年齢が出ます。背筋もバランスよくやりましょう。

 

漸進性の原則

負荷はちょっとずつ上げていきましょう。

2つの意味があります。

1つ目は負荷を一気に上げると嫌になって継続できません。

いきなり毎日スクワット30回×3セットを続けよう!!では嫌になって3日坊主です。

まずは、週2~3回スクワットを10回×3セットぐらいからスタートすると継続する事ができます。

 

2つ目はずっと同じトレーニングでは効果は薄れていきます。

スクワット10回×3セットを週2回継続していくと徐々に慣れてきます。

慣れてきても同じ負荷で継続していっても

効果がないとは言いませんが、効果は薄くなります。

効果を出す為には少しでいいので負荷を上げましょう。

週3回や15回×3セットにするぐらいでOKです。

 

すると、トレーニングが継続できて、かつ、効果も出せます。

 

当スタジオではトレーナーがお客さんのトレーニングを見ながら

きれいに出来ている種目、慣れてきている種目のレベルを上げていきます。

 

個別性の原則

自分に合ったメニューを探す事が大事です。

誰かが『○○をやったら痩せた』と言っていたら

同じ事をすれば自分も同じ効果が出ると思いがちですが、

実際には一人一人体は違いますし、食べる物も含め生活習慣は違います。

だからこそ自分に合ったトレーニングメニューを探していきましょう。

 

効果の出る・出ないもそうですが、好き・嫌いも同じです。

嫌いなトレーニングを無理に頑張っても継続が難しくなります。

当スタジオでも30分の中で苦手なトレーニングは2種目ぐらいにしています。

お客さんから『このトレーニングは嫌い』『やりたくない』の声があれば

別のメニューを提案しています。

嫌なトレーニングメニューを削除する事は継続する上では大事な事です。

 

継続性の原則

ある程度は継続しないと変化が感じられません。

1日だけものスゴイ体を追い込んでも意味がありません。

目に見えて変化が出るのは3ヵ月程掛かります。

目に見えないだけで、細胞レベルでは変化をしています。

加圧トレーニングの場合は、汗が出やすくなったりトイレに行く回数が増える、

寝つき・寝起きが良くなる、疲れにくくなるなどの変化が初めに出やすいです。

 

3ヵ月は同じトレーニングを繰り返して効果を検証するべきです。

ここで、『画期的』『斬新な』『○○メソッド』に飛びついて継続を辞めてしまうともったいないです。

 

加圧トレーニングの場合は、継続性の原則は無意識にクリアできます。

『もう半年も経ったんだ』と驚いている方も多いくらい

気が付いたら半年、1年と継続できるのが加圧トレーニングのメリットです。

 

以上、トレーニングの原則をお話しました。

細かい原則の話をしましたが、当スタジオはパーソナルトレーニングですので

トレーナー側がしっかりサポートしていきます。

 

 

 

週1回30分だけなので無理なく継続!!

加圧トレーニングとTRXを使ったパーソナルトレーニングです。

お尻トレーニングも強化中!
低負荷なので運動が苦手な方でも大丈夫!
トレーニング後に有酸素運動を組み合わせるとより効果的です。

初めての方には体験コース(40~60分程度)をご用意しております。
まずは、お気軽にお電話ください。
090-9127-4293

※トレーニング中などで、電話に出られない場合があります。
その際は、折り返しご連絡致します。

公式ラインでも体験のご予約やお問い合わせもできます。
お名前(苗字だけでけっこうです)と
体験の希望日時を送ってください。

タグ: , , , , ,

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31