岡崎市の加圧パーソナルトレーニングジム『カラダデザイン岡崎』TRX

電話番号000-000-0000
メニュー

ブログ

2020/07/18

トレーニング効果を出す為に重要なのが集中力。だからこそ30分の低負荷トレーニングがおススメ

こんにちは。

加圧パーソナルトレーニングジム カラダデザイン岡崎の岩月です。

今日はいい天気ですね。

明け方は雨や雷がひどく(この辺りに落ちたらしいですが・・・)

岡崎市にも大雨警報も出ていましたがすっかり晴れてきました。

そろそろ梅雨明けが近くなってきたようです。

本来であればオリンピックがあり、夏休みがありと楽しいはずでしたが

今年はコロナの為に例年とは違う夏ですね。

猛暑になっていない事がまだ救いです。

マスクありでトレーニングは熱中症の危険もあるので

当スタジオではお客さんはマスクなして、トレーナーがマスクを着用する事で対応しています。

免疫力を上げる為にも、熱中症にならない為にも運動習慣が大事です。

スポーツジムが続かなかった方や、運動が嫌いな方、短時間で効果を出したい方には

加圧パーソナルトレーニングがおススメです。

 

 

パーソナルトレーニングのメリットにフォームの修正があります。

客観的に見て指導をしてくれるので、

自分では気が付かない体の動きなどに気がつけたり

狙った筋肉にしっかり効かせられるトレーニングが出来たりと

トレーニング精度が上がります。

 

フォームが大事なのは当然ですが、

同じく大事で、かつ、自分で注意できるポイントがあります。

 

今回はそのポイントをお伝えします。

 

筋トレのポイント

 

ゆっくり下りる

プッシュアップやスクワットで下がる時に重力に逆らう力、ブレーキを掛けながら

ゆっくり下すと上げる時以上のダメージを筋肉に与える事ができます。

ブレーキを掛けないと『下りる』ではなく『落ちる』に近くなります。

ブレーキをしっかり掛けましょう。

ゆっくり下げて、上げる時はアクセルのイメージで上がるので

2拍で下りて、1拍で上がる。

これが意外と忘れがちになってしまいます。

 

 

反動を付けない

プッシュアップやスクワットで下がりきった時が一番キツいです。

ですが、反動がついたトレーニングをすると

一番キツいポジションは一瞬で終わります。

しかも、上がる時も反動がついて楽に上がれます。

反動は無くした方が効果的です。

できる方は、下りた所で1秒キープすると

上がる時の負荷は断然あがります。

これも忘れがちですね。

 

1回1回休憩をしない

プッシュアップやスクワットのスタートポジションは

骨で関節をロックしているので筋肉は休憩中です。

1回の動作の終わりに、毎回肘や膝を伸ばしきれば毎回休憩が入ります。

休憩が多ければ楽になりますよね。

効果的にするには、毎回の休憩を無くした方が短時間で効果が得られます。

但し、この肘や膝を伸ばしきらないは

伸ばしきらなすぎになる可能性も高いです。

これは逆に楽になったり、可動域が狭くなって動く筋肉量が減ってしまう場合もありますので

しっかりと伸ばしきる直前まで伸ばすといいでしょう。

 

ゆっくり下げる、反動を付けない、1回1回休憩をしない。

どれも意識をすれば誰でもできる事ですが、意識をし続ける事は

とても難しいんです。

意識をしない、無意識の状態になると人間は楽を求めます。

すると、自然と1拍で下げて2拍で上がる、反動がついて楽に上がってしまう、1回1回休憩を入れてしまう、

これだけでトレーニング効果が変わってしまいます。

 

だからこそ、集中力が持続できる短時間トレーニングがおススメなんです。

 

短時間トレがおススメの理由

 

パーソナルトレーニングジムによって時間はまちまちです。

1回60分や90分の所もあります。

スポーツジムは自分で時間を決められますが、

1~3時間ぐらい掛ける方が多いのではないでしょうか。

 

そんな中、当スタジオは30分だけのパーソナルトレーニングです。

元々は40分コースを基本としていましたが、

経営を続けていく中で30分コースを基本に変更しました。

その理由は、

集中力が大事だからです。

前述の通り、筋トレは集中力が大きな影響を与えます。

筋トレの集中力は30分ぐらいが調度よいと感じたからです。

モチベーションが高い人は、

『30分なんて短い』と感じるかもしれませんが、

筋トレはやればやるほど集中力が下がっていくものです。

どんどん疲れていくので当然ですね。

そう考えると30分でも大変ではないでしょうか。

 

また、加圧トレーニングは低負荷トレーニングです。

低負荷のメリットはモチベーションと集中力を下げにくい事です。

重いダンベルを使ったトレーニングは5分も頑張れば疲れてしまいますよね。

でも、1キロ2キロのダンベルや膝をついた腕立て伏せや自重スクワットなら集中力が持続しやすいです。

 

ながらトレーニングは全然効果が違います。

僕もパーソナルトレーナーとして毎週空き時間に自分でも加圧トレーニングを行っています。

音楽を流すはOKですが、動画を見ながらやスマホをいじりながら筋トレをすると

必ず精度は落ちます。

意識が筋肉に向いていないので、

下がる時にブレーキを忘れ、反動が付き、毎回休憩が入っているからでしょう。

 

筋肉を意識してトレーニングをすれば全て解決します。

狙った筋肉に効かせる目的意識をもってトレーニングを行えば

自然と下がる時にブレーキ、反動0、休憩カットで

ゆっくりで丁寧なフォームになります。

 

TVを見ながらエクササイズは筋肉を付ける目的では効果は薄いでしょう。

脂肪燃焼や持久力トレーニング、動かす事で脂肪が付きにくくするなどの目的であれば

ながらエクササイズは有効です。

 

30分コースを基本にした2つ目の理由は、

継続しやすいからです。

1回あたりのハードルが低ければ低いほど継続しやすくなります。

40分より、30分の方が継続はしやすいです。

また、加圧トレーニングは低負荷トレーニングなので

これも継続のハードルを下げてくれています。

そして、予約制の導入。

先にトレーニングの予定が入っている事で習慣化できます。

スポーツジムの『いつ来てもOK』は『今日行かなくてOK』になりがちです。

短時間・低負荷・パーソナル・予約制、このシステムで

無理なく運動習慣を身に付き、習慣化できるからこそ効果が出ます。

 

運動は習慣化する事でしか効果を保てない

以前、流行りました大手スポーツジムの短期間での劇的ダイエットですが、

リバウンドしている可能性が高いと思います。

当スタジオにもそのスポーツジムで短期間でダイエットできたけど、

リバウンドしてしまったという方が来られた事が何度があります。

体は生活習慣の積み重ねでできるものです。

劇的なダイエットで得た生活習慣をどこまで維持できるかでリバウンドの度合いも変わってきます。

痩せた体を得られた運動習慣、食事習慣を継続しなければ意味がありません。

運動は習慣化する事でしか効果を保てません。

だからこそ、無理なく継続できる短時間・低負荷トレーニングの加圧トレーニングがおススメです。

 

週1回30分だけなので無理なく継続!!

加圧トレーニングとTRXを使ったパーソナルトレーニングです。

お尻トレーニングも強化中!
低負荷なので運動が苦手な方でも大丈夫!
トレーニング後に有酸素運動を組み合わせるとより効果的です。

初めての方には体験コース(40~60分程度)をご用意しております。
まずは、お気軽にお電話ください。
090-9127-4293

※トレーニング中などで、電話に出られない場合があります。
その際は、折り返しご連絡致します。

公式ラインでも体験のご予約やお問い合わせもできます。
お名前(苗字だけでけっこうです)と
体験の希望日時を送ってください。

タグ: , , , ,

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31